Monthly Archive: 2018-June

まつ毛育毛剤のルミガンの効果と口コミ

まつ毛育毛剤のルミガンの効果と口コミ...

まつ毛がふさふさと生えていると目が大きく見えるなど良い印象になることがあります。 もともとまつ毛にボリュームがあれば良いのですが、細くて短いなどでボリュームがない場合には、つけまつ毛やエクステンションをしたり、マスカラをたっぷり塗るなどアイメイクでまつ毛のボリュームを出すことになります。 メイクをしている時は目が大きく見えてもメイクをオフした時でもまつ毛が濃く長くボリュームがあればすっぴんになっても自信がもてます。 まつ毛が短く細い場合には、まつ毛育毛剤を使うことでボリュームアップが期待できます。 まつ毛の美容液や育毛剤はいくつかありますが、その中でも効果が期待できるのはルミガンです。 ルミガンはアメリカの厚生労働省に相当するFDAに認められたまつ毛育毛剤で、もともとは緑内障の治療の点眼薬で、緑内障の治療でルミガンを使用しています。 主成分はビマトプロストで、このビマトプロストが眼圧を下げる働きがあるため緑内障や高眼圧症に使われ、ビマトプロストの副作用で多毛化が確認されたため、まつげ育毛剤として開発されたのがルミガンです。 使用方法は、1日1回寝る前にまつげの根元に塗り、まぶたからはみ出た余分な液は拭き取ります。 もともと緑内障の治療薬として使われていたので、目に入っても問題はなのですが、まつ毛育毛剤で使う場合には点眼しないよう、目に入らないように注意することが大切です。 ルミガンは口コミでも評判が良く、使い始めてから1ヵ月程度でまつ毛が伸びたりボリュームが出たことを実感する人は多いです。 口コミの中には色素沈着して下まぶたが薄茶色になったというような口コミもありますが、その場合には、正しく使っていないことが考えられます。 ルミガンの副作用に色素沈着はありますが、色素沈着を避けるためには、はみ出した液をふき取ることや下まぶたへの塗布は避けるということがあります。 沢山塗ってはみ出た部分を放置すると薄茶色などに変色することがあり、色素沈着があっても使用を中止することで自然に色素沈着は薄くなりますが、副作用を避けるためにもはみ出た液はしっかり拭き取ることが大切です。 ルミガンのジェネリック医薬品としてビマトアイドロップスというものもあります。 安くまつげを増やしたい人はビマトアイドロップスでまつげを増毛することをお勧めします。 まつ毛育毛剤がオススメな人の特徴 アイメイクを頑張らなくてもまつ毛を濃く長くすることができるまつ毛育毛剤のルミガンですが、おすすめな人は、まつ毛が傷んでいる人、伸ばしたいと思う人、ボリュームが欲しい人などです。 まつげを伸ばしたいために、エクステンションやつけまつげ、ビューラーを使って負担をかけ、まつ毛が傷んでいる状態を修復することが期待できます。 また、メイクをしない状態で、ナチュラルな印象であっても存在感のあるまつげが欲しいという場合にも良い方法です。 まつげ育毛剤がおすすめできない人は、敏感肌や目に病気がある人です。 敏感肌の場合には、赤みや痒み、肌荒れなどを起こす可能性があるので使用は難しいです。 また目に病気がある場合や治療をしている人も使用は控えるようにしましょう。 ルミガンは口コミでもまつげが伸びる効果を実感している人が多いですが、副作用の色素沈着や充血を起こしてしまった人もいます。 色素沈着は使用方法を守ることで回避することができます。 ルミガンの使用方法は簡単で、クレンジングや洗顔は肌を清潔にして、まつ毛の周りにワセリンを塗ります。 ブラシや綿棒などでルミガンを1滴つけ、目に入らないようにまつ毛の根元にぬり、はみ出た余分な薬液はティッシュで軽く拭き取ります。 まつ毛の周辺にワセリンやクリームを塗るのは色素沈着を避け、目に入らないようにまつげの根元のみに塗ることは充血を避けるためです。 ルミガンは効果があると口コミでも話題ですが、効果が期待できるからといって分量を多く塗ることは副作用を引き起こす要因になります。 1滴の用量を守り、即効性は期待できないため根気よく塗り続けることで個人差はあるものの早い人で1週間程度から、遅くても3ヵ月程度で効果を実感することが期待できます。